レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報

レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報


レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報
近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。




レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報ブログ:12 9 2018

シェイプアップしようと考えたとき、
まずご飯の量を制限しようとしますよね。

摂取するカロリーを抑えると、
それまでに蓄積されたエネルギーが消費される事により
体重は一時的に減りますが、
同時に筋肉まで減ってしまいます。

筋肉というのは、
体の中でいちばんエネルギーを消費する部分なので、
その筋肉が減ってしまうと基礎代謝が落ちて、
脂肪が燃えにくく、痩せにくい体になってしまいます。

さらに、
体に入ってくるエネルギーが少なくなると、
体は飢餓状態になったと錯覚して、
入ってくる栄養分を体に溜め込もうとします。
それもまた、
脂肪を体にためやすくなる原因になるのです。

また、
シェイプアップして体重は減っているのに、
体脂肪が落ちない…という現象もあります。

体脂肪を効率的に燃やすためには
ご飯内容の改善ももちろん大切ですが、
あわせて体操をすることが大切なんです。

ご飯制限だけのシェイプアップでは、
体重が落ちるのに比べて、体脂肪の減少は少なくなりがち…
しかも同時に筋肉も減少してしまいます。

これに対して体操を加えたシェイプアップは、
筋肉量を増やすので基礎代謝量もアップし、
体脂肪が燃えやすい体になるのです。

とは言え、
長年かけて体にため込んだ脂肪を燃焼させるのは
そう簡単ではありません。

ちなみに
脂肪1kgを燃やすには
約7000kcal消費する必要があると言われています。

例えば…
体重60kgの人が一時間ウォーキングして、
消費するエネルギーは約250kcalです。
それを一ヶ月連日続けて、
やっと7000kcal消費という計算になります。

まさに継続は力なりですね。
短期間で結果を出そうとあせらずに、
ゆっくりシェイプアップに取り組みましょう!



レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報

レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報

★メニュー

紹介制度を採用しているレーシッククリニック:レーシック情報
ドライアイとレーシックの関連性:レーシック情報
交通費を補助してくれるクリニック:レーシック情報
レーシックの前には適性検査:レーシック情報
保証制度の有無を確認しよう:レーシック情報
最新老眼治療のモノビジョンレーシック:レーシック情報
レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報
レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報
口コミサイトを活用してクリニック選び:レーシック情報
矯正された視力の維持は保証出来ない:レーシック情報


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたが求めているのはレーシックで視力回復