レーシックの前には適性検査:レーシック情報

レーシックの前には適性検査:レーシック情報


レーシックの前には適性検査:レーシック情報
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。




レーシックの前には適性検査:レーシック情報ブログ:09 3 2019

皆様は、
「人の身体は、何にも勝るすばらしいデザインである」
という話を聞いたことがありますか?

それは外観だけではなく、
内臓や骨格といった大きなものから、
組織・細胞にいたるまで…

わしたちが母の胎内で
この世界に順応できるような身体になって生まれてくるそのプロセスも、
誰一人として同じものが無い…

そのこと自体が
既にすばらしい自然なのではないでしょうか?

進化を重ねたわしたちの身体は、
どんなに優れたヒューマノイド(ヒト型ロボット)でも再現することは不可能、
とも言われているのですが、
そんな身体を持っていることに、普段はなかなか気づくことはありません。

これは、何かの機能が低下していたり無かったりする場合も同じで、
普段から実に巧妙なバランスを持っているな…と
わしは思うんです。

わし自身、左の脚に幼児期の怪我の治癒痕があり、
そのことに伴い、少々の不自由さがあるんですが、
身体はその不自由さを実に上手にカバーしていて、
私の左右の脚のサイズや形に結構な差があることは
一見わかりにくいようになっています。

ですが、
長年の気づいていない「微調整」は、
少々身体に齟齬をきたしていて、
その意味でも身体は絶妙なバランスを持っているとも思います。

わしだけではなく、
何らかのハンディを持っておられる方はどうも、
身体全身のバランスをとても巧妙に保つようになっていたり、
足りない機能を他の器官で
(例えば視覚が不自由な場合には、耳が鋭いといったような…)
感覚を補っていることも多いようですね。

本当にわしたちの身体って、すばらしいのです!


レーシックの前には適性検査:レーシック情報

レーシックの前には適性検査:レーシック情報

★メニュー

紹介制度を採用しているレーシッククリニック:レーシック情報
ドライアイとレーシックの関連性:レーシック情報
交通費を補助してくれるクリニック:レーシック情報
レーシックの前には適性検査:レーシック情報
保証制度の有無を確認しよう:レーシック情報
最新老眼治療のモノビジョンレーシック:レーシック情報
レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報
レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報
口コミサイトを活用してクリニック選び:レーシック情報
矯正された視力の維持は保証出来ない:レーシック情報


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたが求めているのはレーシックで視力回復