レーシックの前には適性検査:レーシック情報

レーシックの前には適性検査:レーシック情報


レーシックの前には適性検査:レーシック情報
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。




レーシックの前には適性検査:レーシック情報ブログ:09 7 2018

ボクは毎年どこかで満開の桜を目にしていますが、
ここ何年かは、その時
「来年はどこで、どんな自分がこの満開の桜を見ているのだろうか?」と思います。

桜の花を見てそんな感情を抱くのは、
思えば入学式や卒業式といった人生の節目、節目には
いつも桜があったからかもしれません。

小学校の入学式…
ボクが今でも覚えているのは、ワクワクドキドキしながら、
着物姿のママと一緒に学校へ行ったことです。

ボクは落ち着きがないというか、ぴょこぴょこジャンプしながら、
そしてママにそれをたしなめられながら、学校に行きました。

学校に行く道には、大きな桜の樹があり、丁度桜が満開でした。
これから広がっていくであろう未知の世界、
勉強や、新しい仲間などに心を膨らませながら、
新鮮さやすがすがしさを感じた事を覚えています。

中学校の入学式…やはり桜が満開でした。
中学生ぐらいになると、
小学校の時のような新しい環境へのドキドキ感は既にありませんでしたが、
ボクは何となく大人になった新しい自分を感じたことを覚えています。

ボクが特に鮮明に憶えているのは、
大学生の頃、親と伊豆へ旅行に行ったときです。

ボクは当時、神奈川県に下宿していたんですが、
自分の選んだ進路が本当にこれで良かったのかどうか、疑問に思い続けていて、
少し閉塞気味な感じを持っていました。

そこで、心機一転、下宿先を移る事にし、
その手伝いに親父とママが来てくれたのです。

引越しが終わって、親とともに、車で伊豆半島を一周しました。
西伊豆の辺りは桜の花が満開で、
綺麗な富士山がはっきりと見えたことを覚えています。

どうやら、ボクの記憶に残っている桜は、
新鮮な自分を感じているときなのではないかと思います。

・・・と、こんな事書いてみる
レーシックの前には適性検査:レーシック情報

レーシックの前には適性検査:レーシック情報

★メニュー

紹介制度を採用しているレーシッククリニック:レーシック情報
ドライアイとレーシックの関連性:レーシック情報
交通費を補助してくれるクリニック:レーシック情報
レーシックの前には適性検査:レーシック情報
保証制度の有無を確認しよう:レーシック情報
最新老眼治療のモノビジョンレーシック:レーシック情報
レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報
レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報
口コミサイトを活用してクリニック選び:レーシック情報
矯正された視力の維持は保証出来ない:レーシック情報


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたが求めているのはレーシックで視力回復