レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。



レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報ブログ:26 9 2018

ダイエットをするためには、
筋肉を鍛える体操が、どうしても必要になってきます。

筋肉は、あたしたちが食べたカロリーを消費してくれる大切な箇所です。
だから、筋肉を鍛えることで大きくする必要があるんですよね。

女性の中には、筋肉を鍛える体操をすると、
ボディービルダーのような肉体になってしまうのでは?
と不安に感じる人が多いみたいですが…

それこそハードな体操でもしない限り、
筋肉がムキムキになったりしませんので、ご心配なく!

あたしがお勧めするのは「ながらあたし」です。
何かをしながら体操をすると、
継続的にダイエットを進めることができますよ。

例えば、
何もせずにただ3分間体操をするというのは、かなりきつく感じます。
しかし音楽をかけながら、体操すれば楽勝です!

大体、今の音楽は一曲3〜4分程度。
ということは、一曲聴きながら体操をすれば3分程度になります。
一曲なら、少し頑張ってみようと思えますよね?

また3分というと、
テレビのコマーシャルの時間がこの程度のような気がします。
好きなテレビ番組を見て、コマーシャルになったら少し体操する、
これも簡単に頑張れるんじゃないでしょうか?

よく、ダイエットには、
一日20分程度の体操が必要といわれています。
しかしこれは、
20分「連続」で体操をしろ!という意味ではないんですよね。

最近の研究によると、
一回当たりは数分であっても、合計で20分を超えれば、
ダイエット効果はあるということが広く認知されています。

ですから、ながら体操でも、頻繁に行っていると、
意外と20分の壁というのは簡単にクリアできてしまうんですよ。