紹介制度を採用しているレーシッククリニック:レーシック情報

レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
商品券などを受け取ることが出来るメリットのほか、紹介された人も割安価格でレーシックを受けることが出来るようになります。

 

最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかしまだ実施しているクリニックはあるので比較サイトなどで探してみてください。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
双方が得をするシステムなので積極的に利用をされると良いでしょう。


URL:http://www.at-residence.co.jp/
港区 賃貸マンションナビ


紹介制度を採用しているレーシッククリニック:レーシック情報ブログ:16 2 2019

シェイプアップを始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「シェイプアップしよう!」
    ↓
「シェイプアップ成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、太郎も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、シェイプアップに成功し、
それが自分に自信をもたらし、太郎が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

シェイプアップに成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「シェイプアップ成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

ひと月に7キロ痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
一年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初にシェイプアップを始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それはぼくもそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するためのシェイプアップは、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちたぼく…
太郎と楽しく話をしているぼく…
好きな太郎と腕を組んで歩いているぼく…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!